May 21, 2017

“涼風”の幸せ・・・

2713_2   ・・・ 東京銀座8丁目の片隅に咲く “シャリンバイ” ・・・


ん~ めちゃくちゃ暑かった一日・・・
どうにも我慢できずに今期初の “エアコン” スイッチ・オン! A( ̄□ ̄;)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      “ 大あくび木陰のベンチに流れくる涼風薫る真夏日の午後 ”


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、こんな日には少し歩いては木陰のベンチで十分に休憩・・・
体力を過信することなく・・・ のんびりゆっくり快感に身を委ね・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

May 20, 2017

“畑中純” と “つげ義春”

暑い一日・・・
まだ5月というのに “夏日” になろうとは。
“薫風さわやかな季節” を感じたいと思っているのだが・・・ /( ̄へ ̄;)


また “読売新聞” の記事から。
5月18日(木)の朝刊に何とも懐かしい名前を見つけた。

“つげ義春” ・・・
  “日本漫画家協会賞・大賞 つげ義春さん”
     ・・・ 空想と現実の間に漂う ・・・


1960年代・・・ 今から半世紀も遡る頃に人気を博した “漫画家”
青林堂から出版された雑誌 “ガロ” を中心に描いていた。
 代表作・・・
   「紅い花」 、「ねじ式」 、「ゲンセンカン主人」 、「無能の人」・・・


ん~・・・ 幻想的というか空想と現実が入り混じった不思議な世界を描いたシュールな作品が多く、異色で奇妙な存在感がある作者そして作品・・・
が、σ( ̄^ ̄)は・・・ どちらかといえば “ガロ” よりも “COM” が好きだった。
ま、振り返れば両者とも伝説的な素晴らしい雑誌ではあった。 A( ̄^ ̄;)


で・・・ その “つげ義春” 氏・・・
σ( ̄^ ̄)・・・ 本人と言葉を交わしたことがある。 A( ̄ー ̄;)ニャ

いつのことだったか忘れてしまったが・・・ もう10年以上も昔のこと・・・
σ( ̄^ ̄)の大好きな漫画家 “畑中純” 氏の地元・・・ 調布市で作品の展示会と講演会が開催されるとの案内状をいただいて出席した折・・・

夕方から展示会のオープニングパーティーが開かれ・・・
ホストの “純さん” と話している時 “つげ義春” 氏を紹介され・・・
まぁ以前から名前は知っていたが会うのはもちろん初めてで・・・
表舞台にはあまり登場しない方らしく・・・ σ( ̄^ ̄)などが会える機会などはほとんど無いのに言葉を交わせたってことで・・・ “感激至極” !!
なのに・・・ 何を話したのかまったく記憶が無い。 A( ̄□ ̄;)


他にも俳優の “六平 直政” 氏も紹介されて挨拶し・・・ 言葉も交わしてはいるのだがまったく記憶が無い。
ま、対面したことは覚えているのだから・・・ それで良しと。 A( ̄へ ̄;)
ま、 “人生とは忘却である”


“つげ義春” 氏の今回の受賞・・・
長い時を超えて評価されたことは何とも素晴らしい。
σ( ̄^ ̄)・・・ もう一度読んでみようかと思う。 /( ̄^ ̄)


やはり残念なことは・・・ “畑中純” さんにもう会えぬこと。
これから益々味のある良い作品を描かれるだろうと思っていたのに・・・
2012年6月13日に逝去され・・・ もう5年になる。

当時、σ( ̄^ ̄)は沖縄に単身赴任中・・・
こちらに異動後に自宅の奥様をお訪ねしたのだが・・・ ただただ残念・・・


σ( ̄^ ̄)のベッドサイドに “畑中純作品” をいくつか並べている。
“純さん” を思い出し・・・ 今夜は一冊読んでみよう。 m(_ _)m


2712   ・・・ 単行本にサイン中の “純さん” ・・・

| | Comments (0)

May 19, 2017

“阿川佐和子さんの結婚”

2711


昨日、5月18日(木)・・・
“読売新聞” の朝刊に記事を見つけた。

   “阿川佐和子さん結婚”


そして、下段の広告欄に・・・
発売された “週刊文春” の記事のタイトルが載っていた。

   “阿川佐和子 独占手記”
    「今更ですが、私、結婚しました」


ん~・・・
誰が結婚しようが・・・ 誰が離婚しようが・・・
誰が生きようが・・・ 誰が死のうが・・・
何をどうしようが・・・ 何がどうなろうが・・・
σ( ̄^ ̄) “週刊誌” なんぞを “買う” という習慣は無かったのだが・・・
“週刊文春” ・・・ 買ってしまった。 /( ̄へ ̄;)


え~・・・ 何年振りか・・・ 思い出せない。
買おうか買うまいかどうしようか迷ったけれども・・・
“週刊文集 5月25日号 定価420円” ・・・ 買ってしまった。 /( ̄□ ̄;)


“阿川さん” ・・・ “名字” が変わってしまうのだろうか・・・
ま、別にいいんだけれど・・・ “佐和子さん” どうぞお幸せに。 m(_ _)m

| | Comments (0)

May 14, 2017

“風薫る新緑の候”

2709_2


    “ 胸の奥 満たせぬすき間ある夜は 姿勢正して心経唱ふ ”


2710_3


曇り空はどうにも気持ちを沈ませる。
ん~ どうにも眠たい様な気だるい様な・・・
ま、そんな日もある “風薫る新緑の候” ・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

May 13, 2017

“箱根旅行”

今日は朝から雨降り・・・
ちと疲れが残っていて家でゴロゴロ。/( ̄^ ̄;)


2706_3   ・・・ “箱根登山ケーブルカー” ・・・


5月11日(木)-12日(金) “箱根” に行ってきた。
一年間一緒に過ごした同じ部門のメンバー総勢15名。

午前10:30新宿発・小田急ロマンスカー・・・
出発と同時に “旅の安全祈願”“乾杯” 。 U( ̄ー ̄)
“駅弁” を酒肴にビールや酎ハイなどを飲み続ける “旅” 。


午後0時過ぎに “箱根湯本” に到着・・・
“箱根登山鉄道”“強羅” へ。
“強羅” から “ケーブルカー”“早雲山” ・・・
そして “ロープウェイ”“大涌谷” へ。 A( ̄^ ̄;)


2707_3   ・・・ “ロープウェイ” ・・・


いや・・・ 晴天に恵まれて “眺望”“新緑” が素晴らしい。
“大涌谷”“硫黄” の煙をモクモクと噴き上げている。
名物らしい “黒卵” を食す。
ん~ 少し “硫黄” の匂いもして・・・ ま、美味しくいただいた。 V( ̄^ ̄)


σ( ̄^ ̄)・・・ 若い頃に一度この地を訪れているはずなのだが・・・
まったく景色とかの記憶が無い。
きっと・・・ 当時は旅の楽しみ方を知らなかったのだろう。 /( ̄へ ̄;)


2708_2   ・・・ “大涌谷” ・・・


ま、観光といえばそれくらいで・・・
あとは “箱根強羅公園” を散策したくらい。
午後5時には箱根湯本の “ホテルおかだ” へ到着。

早速、大浴場と露天風呂へ。
σ( ̄^ ̄)・・・ 去年は “右膝痛” で今年は “左腕痛” ・・・
ゆっくりと半身浴をしながら “膝と腕” を念入りにマッサージ。
ん~ たった一日ながら “湯治” に来たようで・・・ 良きかな。 V( ̄ー ̄)ニャ


で、 “宴会”
たくさんの料理・・・ σ( ̄^ ̄)・・・ ほぼ美味しくいただいた。
そして、若い人達の “仮装余興” には笑わされた。
夢でうなされそうなコスプレには参った・・・ ん~ 降参。 (/。\)


ま、そんなこんな・・・
翌朝、σ( ̄^ ̄)は用事があって観光もせずに帰宅。
“旅の宿” も良いが、やはりσ( ̄^ ̄)の布団で寝るのが良い。


たった一日の “旅” ながら疲れてしまって・・・
ま、今日は雨音を聴きながら心静かな “土曜日” ・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

May 07, 2017

“ゆっくり参りませう”

2704_5   ・・・ “ネモフィラとミツバチ” ・・・


   “ ミツバチは花から花へせわしなき もっとゆっくり行こうじゃないか ”


2705_2


ついに今年の “ゴールデンウィーク” ・・・ 大型連休が終了。
概ね良い状態で過ごせたが・・・ 反省点も少なからず。 A( ̄ー ̄)ニャ


さて・・・ 明日からはまた新たな日々・・・
ま、慌てず騒がず焦らず・・・ ゆっくり参りませう。 m(_ _)m

| | Comments (0)

May 06, 2017

“七重八重花は咲けども・・・”

2703_2   ・・・ “山吹” ・・・


   “ 七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞかなしき ”

                        “兼明親王” 後拾遺和歌集1154


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


“山吹” の花を見ると条件反射的に・・・ この和歌を思い出す。
“太田道灌”“村娘 ・ 紅皿” のドラマチックなシーン・・・ /( ̄へ ̄;)


σ( ̄^ ̄)・・・ この和歌に係わる伝説をいったいどこで記憶したのだろう?
和歌が詠まれた時期とこのシーンとは時の隔たりがあって・・・
このシーンで詠われたからこそ覚えているのだが・・・

学校の教科書? 何かの本から? 誰かの話から?
ん~ まったく記憶が無い。 /( ̄へ ̄;)


この物語の場所は、現在の “豊島区高田” 辺りらしいが・・・
こんなにも “粋”“味” な物語・・・
伝説だとしても・・・ 現代の若者達は知っているのだろうか。 A( ̄ー ̄;)


誰かと比べるとか・・・ 決してそういうことではないのだが・・・
学校などが無かった時代の鄙びた片田舎・・・
深い教養を持った “若き村娘の伝説” ・・・ 何とも素晴らしい。 m(_ _)m

| | Comments (0)

May 05, 2017

“酒肴 ばくだん”

2703_4   ・・・ “ハルジオン” ・・・


晴れた空に雲が多かったものの・・・ “暑い” 一日。
カラッと乾いた陽気なら良いのだが、かなり “湿度” が高い感じ。

“梅雨入り” まで、あと1ヶ月くらい・・・
南国 “沖縄” はもう間もなくだろう。 A( ̄^ ̄;)


さて・・・ 本日もこれといったこともなく “平穏無事”
ちとお付き合いで昼に “マくドナルド” のハンバーガーを食す。
ん~ 実に何とも久し振りで・・・ チーズバーガーを美味しくいただいた。


さて・・・ 晩酌の “酒肴” は何にする・・・ ということになって・・・
先日、銀座の居酒屋で食べた “ばくだん” を思い出した。 /( ̄□ ̄;)

名前は物騒ながら別に中身は何てことは無く・・・
数種の “刺身の切り落とし” に、 “納豆”・“卵黄”・“薬味” を混ぜたもの。
ん~ 味を調えていたのは “煎り酒” だったのかどうか確認を忘れたが、そんな高価なものでなく “そば汁” でも良いのではないかと・・・ V( ̄ー ̄)ニャ


スーパーの鮮魚コーナーを探したが “切り落とし” が無く、 “マグロのブツ” を使ってどんぶりに入れてかき混ぜてみたところ・・・
思いの外・・・ イケる!! V( ̄ー ̄)V

“酒肴” はもちろん御飯のおかずにも良い。
今回は、あえて “薬味” は使わなかったのだが・・・
“ワサビ”・“卸しニンニク”・“浅葱”・“大葉” 等が合うか・・・ A( ̄ー ̄)ニャ


今夜はちと呑み過ぎ・・・
久し振りに可愛い来客を迎えて・・・ 気持ち良く “酔って候” 。 m(_ _)m

| | Comments (0)

May 04, 2017

“御苦労な事で・・・”

2702_2


    “ 巷ではやはり渋滞してるらし 茶漬け食べつつテレビを見てる ”


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ん~・・・ 今日は車の “ワックスがけ ・ ガソリン補給” ・・・
と、 “ギター練習”
“Cメジャースケール” “ペンタトニック、ブルース・バッキングリフ” ・・・
“天国への階段、Tears in Heaven” のフィンガーピッキング・・・ A( ̄ー ̄)


で、昼のニュースを見ていたら・・・
高速道路の下り線はいつものこと・・・ あちこちのイベント会場ではまず駐車場に入るのに長時間待って、入場してからも長蛇の列・・・
いやいや・・・ “人と車の大渋滞” 。 /( ̄□ ̄;)
σ( ̄^ ̄) “御苦労なことで・・・” と思いつつのんびり昼御飯。V( ̄ー ̄)ニャ


そんなこんな・・・ これといった話題もなく・・・ 今夜も駄作を一首。
さて、 “大型連休” も残すところ3日・・・
ま、ここまで何とかどうにか穏やかな日々・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

May 03, 2017

“タンポポの綿毛”

2701_2


    “ タンポポの光る綿毛の美しき ちからいっぱい吹き飛ばしたい ”


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は晴れから曇りへ・・・
で、何処へも出かけずに “スクラップ” の整理と “ギター” の練習。
ま・・・ そんな一日も良い。
痛みが続いていた “左腕” ・・・ 若干ながら “好転の気配” 。 m(_ _)m

| | Comments (0)

May 02, 2017

“クマガイソウ” に思う・・・

2700


快晴!
薫風さわやかな五月・・・
ジャケットの下は “Tシャツ” 一枚で出かけてみた。
ん~・・・ “涼” を感じさせる空気が何とも良い。 V( ̄― ̄)ニャ


写真は “クマガイソウ(熊谷草)”
花弁が似て葉が少し違う “アツモリソウ(敦盛草)” という花もあるのだが・・・
“熊谷と敦盛” って・・・ いったい誰がそう名付けたのだろう。 /( ̄^ ̄;)


“熊谷次郎直実”“平敦盛” ・・・
あの “平家物語” ・・・ “源平合戦”“一ノ谷の戦い” に登場する武将。


源氏の “直実” と平氏の “敦盛” との一騎打ち・・・
“直実”“敦盛” を組伏して首を切ろうとすると、我が子と同じ年頃の若者。
助けようとして名を尋ねるが・・・ 「首を取って人に尋ねよ。」 と答えない。

そうこうしているうちに源氏の味方が集まってきてしまい、ついに逃がすこともできなくなって・・・ “直実” は涙ながらに “敦盛” の首を取ったのだが・・・
ん~ この場面には・・・ 泣かされる。 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


後に “直実” は戦の世に無常を感じて出家するのだが・・・
更に“平家物語” のこの場面から “能”“敦盛” が生まれている。

あの “織田信長” が好んで歌ったという謡曲 “敦盛” ・・・
有名なその一部・・・

  “人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり
              一度生を享け 滅せぬもののあるべきか”


また、 “敦盛”“青葉(小枝?)” という笛の名手だったとのこと・・・
明治時代に生まれた “青葉の笛” という文部省唱歌・・・
これも “敦盛” を歌ったもの。

  “一ノ谷の戦やぶれ 討たれし平家の公達あわれ
         暁寒き 須磨の嵐に 聞こえしこれか 青葉の笛”


ん~・・・ “源平”の戦い“戦国”の戦いでもたくさんの数え切れぬ人たちが、さまざまな状況で命を落としている。
戦いで命のやり取りをするのは悲しく・・・ 何ともやるせない。

“平家物語” ・・・ 現代においてドラマなどいろいろな形で表現されているが、実際は・・・ 知りたくても決して知り得ない “時の流れ” ・・・
なのに、こうして今に伝わっているのは・・・
“熊谷次郎直実” と、若くして戦に散った “平敦盛”“哀れ” を感じているからに他ならない。 /( ̄^ ̄;)


“熊谷草” からあれこれ記憶を呼び起こしてみた。
ひょっとして勘ちがいしていることがあるかも知れぬが・・・
そして、まだ見たことのない “敦盛草” をいつかきっと写真に・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

May 01, 2017

“衣替え”

2699   ・・・ “ノムラカエデ” 春から紅葉 ・・・


ん~ 朝のうち・・・ 今日も晴れたと思っていたら・・・
昼が過ぎた頃から一転俄かに掻き曇り・・・ “雨” が・・・ /( ̄□ ̄;)


巷では本日より “クールビズ”
沖縄では “4月1日” から開始だったか・・・
“クールビズ” ってことでネクタイの着用不要なのが嬉しい。V( ̄ー ̄)
が、σ( ̄^ ̄)は “休暇”“黄金週間” 真っ最中。

で・・・ 計画通りσ( ̄^ ̄;)は冬物・夏物衣料の入れ替え・・・
“衣替え” と同時に不要な衣料品の整理・・・ クローゼットのクリーンアップ。


厚手のスーツやコートなどの冬物は部屋のクローゼットから衣装部屋へ。
薄手のスーツに替えのスラックス、長袖・半袖ボタンダウンシャツと交代。

去年買いこんだ白・黒の “Tシャツ” がどっさり出てきた。
それに・・・ これまで溜めこんだシャツの類がいっぱい・・・
まだまだ着用できるのだが・・・ 涙を飲んでゴミ袋へ。
長袖・半袖シャツにポロシャツ・Tシャツ、スウェット、スラックス等々・・・(/。\)

うう~・・・ しかし “Gパン” 7着、 “スウェット” 上下5着・・・
いったいいつの間に・・・
ひょっとして “痴呆” の予兆・・・ A( ̄へ ̄;)


σ( ̄^ ̄)などより家人の衣料品が凄いことになっている。
・・・ “断捨離” ・・・
とにかく不要なものを意味無く溜めこみ過ぎている。
入ってくる不要なものをできるだけ少なくして、今ある不要なものには執着せず思い切って捨てる・・・ そうすればスッキリした生活ができるはず。

   “ 不要なものは買わない。 不要なものは捨てる。”


ワープロで印刷・・・ 家の中あちこちに貼っておくことにする。 m(_ _)m

| | Comments (0)

April 30, 2017

“閃いた五月・・・”

2698   ・・・ “ ヤマブキソウ(山吹草) ” ・・・


晴れ渡って少し暑い一日・・・
自然公園の “里山” をゆっくりゆっくり歩いてきた。

木陰の遊歩道に暫したたずむと・・・ 木々の間から芳しい涼風が流れくる。
ただただ・・・ “ああ、良いなぁ・・・” と思う。 /( ̄ー ̄)


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     “ カレンダーめくった瞬間閃いた 何か良いことあるぞ五月は ”

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・ とうことで、今宵も静かに・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

April 29, 2017

“ささやかな贅沢”

2696


“昭和の日” ・・・
今年は “平成” となって29年目・・・

ワープロからパソコン、VHSからDVD、携帯電話にスマートフォンにインターネットと生活態様も街並も話す言葉も急激に大きく変化してきている。
人それぞれの社会生活の価値観も変化してきて・・・ “文化の変化” に自然に馴れてきた部分がある半面、依然としてそうでない部分もあり・・・
ん~・・・ “昭和は遠くなりにけり” ・・・ A( ̄ー ̄;)


ま、徐々に平成生まれが社会構造の中枢を担う世となり・・・
どんな “未来” になるのであろうか・・・
そんなことを・・・ ふと思ってみたりして・・・ V( ̄ー ̄)ニャ


269702


で、本日は午前中限定で “庭の草刈り”
もう根っ子から切ったり抜いたり・・・ そんな次元はとっくに通り越してしまっていて、とにかく “庭” の地面が見えればということで電動カッターでの作業。

プラスチックの刃を高速回転させて “力ずく” で雑草をカット。
太い根っ子も地面を深めに削りながら・・・ 何が何でもとにかくカット。
細かくカットした雑草片・・・ もう集めるのも面倒なものでそのまま放置。


ん~・・・ このままでは “種子”“根っ子” も残っている訳で・・・
また勢力を盛り返して庭全体に蔓延ることは “自明の理” 。 /( ̄へ ̄;)

今後・・・ また “除草剤” を散布するか別の何らかの手を打つか・・・
今日のところは一応の “達成感” に浸って考えるのは止めにして・・・


ま、・・・ 予定通りに庭の地面が久し振りに現れて・・・
体力的に “午前中限定” 2時間余の作業で目一杯。
午後は心穏やかに昼寝と洒落込み・・・ “ささやかな贅沢” を。 m(_ _)m

| | Comments (0)

April 28, 2017

“田舎” へ・・・

2695


ん~・・・ ちと疲れた。
σ( ̄^ ̄) 親爺の術後の様子を見に行ってきた。 /( ̄^ ̄;)


車で往復・・・ 約400kmを日帰り。
さすがに月末の平日・・・ 思った以上にトラック系大型車が多い。
で、往復ともに途中のパーキングエリア一ヶ所でトイレ&休憩・・・
若い頃は何と言うこともなかったのだが・・・ ん~ さすがに疲れを感じる。


ま、親爺の具合が思っていた以上に良好で安堵・・・
脳内出血があったなどとはまったく思えない回復ぶり・・・ /( ̄□ ̄;)


安心したところで・・・
義姉さんの手料理が何とも素晴らしく美味かった。
“筍とぜんまいの煮物” ・ “蕗の煮物” ・ “こごみのゴマ和え” ・・・
そして何と言ってもこの季節の “山菜の天婦羅” は絶品。
中でも揚げたての “タラの芽” を岩塩でいただいたら・・・
いやいや・・・ もう言葉にならない。 V( ̄ー ̄)ニャ


ん~・・・ いったい何しに田舎へ行ってきたのやら・・・
ま、親爺も高齢でいろいろあるけれど・・・ ま、良かったということで・・・


午後7時・・・ 無事に帰宅。
疲れを感じつつビールを一杯・・・ 焼酎を2~3杯・・・
ガクンと酔いが回って、久し振りに “酔って候” 。 A( ̄へ ̄;)

どうにか順調なゴールデンウィークの滑り出し。
ま、あるがままに思うがままに・・・ 焦らず無理せず無茶をせず。 m(_ _)m

| | Comments (0)

April 23, 2017

“ハナミズキ”

2694


    “ さくら散り 後にひっそりハナミズキ とても好きだよ きみの可愛さ ”

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


σ( ̄^ ̄)家の “ハナミズキ” が咲き始まった。
小さな白い花・・・ 今年はたくさんつけている。
去年の秋は伸びた枝を剪定しなかったから穏やかな様子で咲いている。

さて、今週末から “ゴールデンウィーク” ・・・
何よりも・・・ “心穏やかに” 過ごせればそれで良い。 m(_ _)m

| | Comments (0)

April 22, 2017

“GWの計画”

2693_2   ・・・ 2011.04.11 東シナ海彼方の夕陽 ・・・


いよいよ “ゴールデン・ウィーク”
が、今のところ特にこれといった計画が無い。
このままではズルズルと無為に過ごしてしまうことになってしまう。


ま、 “やらねばならぬこと” はいろいろあるのだが・・・
クローゼットの整理・・・ コート・スーツ等の冬物から春夏物への入れ替え・・・
ベッドサイドの本の整理、伸び放題の庭の草むしり、新緑の写真撮り、車のワックスがけ、自転車2台と水槽などの粗大ごみの整理・搬出・・・
ま、あまり心躍るような楽しいものは・・・ 無い。 /( ̄へ ̄;)

長距離移動・・・ 田舎へ親爺の手術後の見舞いは渋滞を避けて・・・
連休初日の4月28日(金)ならば大丈夫か。 A( ̄ー ̄;)ニャ


ん~・・・ 本当は梅雨入り前の “沖縄” に行きたいのだが・・・
この “GW” の時期は飛行機代もホテル代も倍以上も値上がりするだろうし、更に混雑することを思うと・・・ 躊躇してしまう。
この時期の “沖縄” は暑くなく、無論・・・ 寒くなく過ごしやすい気候で・・・
“月桃”“テッポウユリ” など・・・ 本当に花盛りの時期・・・ /( ̄^ ̄;)


泊港に架かる “泊大橋” の上から海風に吹かれながら夕陽を見ていた。
慶良間諸島を越えて・・・ 東シナ海の遠い彼方に沈み行く夕陽と那覇空港に向かって着陸態勢に入った飛行機と・・・
どうしようもないほどに美しく・・・ 胸が熱くなってしまう。 A( ̄^ ̄;)


連休が明けて “箱根” への旅行で今年は我慢。
ま、何とか “GW” には意義ある計画と実行を・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

April 21, 2017

“あじわい ぷっちょ × 獺祭”

2691_2


昨日・・・ ふとセブンイレブンに立ち寄って見つけた。
“甘酒” 好きには興味ひかれる “キャンディ” を発見。 A( ̄ー ̄)ニャ


ん~・・・ 7年くらい前だったかと思うが・・・
北海道の冬季限定 “千歳鶴 甘酒ソフトキャンディ” を食べたことがある。
札幌唯一の酒蔵 “千歳鶴” の吟醸酒粕を使用したとのこと。
当時、σ( ̄^ ̄)家のヒット商品。


ま、それと同じ様なキャンディ。
“UHA味覚糖”“あじわい ぷっちょ×獺祭”
かつて話題となった “純米大吟醸 獺祭” の酒粕を使用している・・・ というところがキーポイントというか、酒と酒粕が入っているとのこと。 A( ̄□ ̄;)


2692_2


ま、人それぞれ好き嫌いはあろうが・・・
σ( ̄^ ̄)ハマってしまって・・・ 昨日8個買ってしまった。 /( ̄へ ̄;)


ん~ 口の中で融けて無くなるまで舐めていられない。
どうしても途中で我慢しきれず・・・ 噛んでしまう。
と、節操無く・・・ もうひとつ欲しくなって・・・
ああ・・・ 糖分の摂りすぎに注意を要する。 m(_ _)m

| | Comments (0)

«“猫と昼寝”