January 19, 2019

“岡本太郎の沖縄”

3015_2


久し振りに映画を観てきた。
渋谷の道玄坂・・・ “ユーロスペース” ・・・
東京地区・本日封切の “ドキュメンタリー映画” ・・・ “岡本太郎の沖縄”


これまでは、那覇市の “桜坂劇場” と大阪と京都だけだったのが・・・ やっと今日から東京でも上映されることになり・・・ “心弾ませながら” 行ってきた。
チケットをインターネットで予約して・・・ V(* ̄▽ ̄*)


3016_2

この映画の “ベース” となっているのはこの本・・・
著者 “岡本太郎” が2度にわたって沖縄を訪ね時の記録で・・・
当時の写真や映像と・・・ 現在を対比させるかたちで進行させている。


最初は “1959.11.16~12.3” そして “1966.12.24~30” ・・・
滞在期間は合わせて25日ほどながら密度の濃さを感じる。
“芸術家” であり “民俗学者” でもあるこの人物・・・ ん~何とも凄い。
物事を捉えて感じてその本質を見極めてそれを表現する能力に圧倒される。
σ( ̄^ ̄)などには “感じるもの” があっても・・・ やはり “俗” になってしまう。

そして・・・ こうも言っている。
「沖縄の中にこそ、失われた日本がある。」
「沖縄ではじめて、私は自分自身を再発見した。」 と・・・
ん~・・・ やはりσ( ̄^ ̄)などにはこんな表現はできない。 /( ̄へ ̄;)


“岡本太郎”
が訪ねた場所は、ほぼ・・・ σ( ̄^ ̄)も訪ねている。
σ( ̄^ ̄)・・・ 各地を訪ねたのは土日とはいえ丸々2年間だったから・・・

この映画に登場してくる・・・ 首里金城町石畳道 、国際通り界隈、ガーブ川、農連市場、糸満漁港、斎場御嶽、久高島・フボー御嶽、平敷屋のエイサー、芭蕉布の里・喜如嘉、八重山諸島・石垣島、武富島・・・ すべて歩いた場所ながら、闘牛場だけは機会もなく行っていない。
ん~ 懐かしさと・・・ 新たな発見もあって良かった。 /( ̄^ ̄;)


この映画・・・
後半は久高島の神事 “イザイホー” 関係が中心となって展開。
1978年を最後に、以降は現在まで行われていないのだが・・・
その神事を目の当りにした “岡本太郎” の感動が・・・ 凄い。 /( ̄^ ̄;)

σ( ̄^ ̄)・・・ 東京シネマ新社によるその最後の “イザイホー” の映像を持っているのだが・・・ その神聖さやエネルギッシュな凄さがあり・・・
ひょっとして “神代の昔” にはこのような神事が普通にあったのでは・・・
あの “邪馬台国のシャーマン 卑弥呼” もこのような神事を・・・
などと思いを馳せてしまう。 V(* ̄▽ ̄*)


“沖縄”
・・・ やはり魅力的である。
もう一度、 “沖縄文化論” を最初から読み返してみようと思う。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 18, 2019

“冬の秋桜”

1月・・・ もう半月が過ぎて18日。
晴れ渡る日はやはり気持ちが良いが・・・
先日のお湿り程度の雨・・・ 降らぬ日が続いて乾燥気味の陽気。 /( ̄へ ̄;)


去年の手帳を開いてみたら・・・
1月18日の昼くらいから急激に “風邪” の症状が現れて・・・
病院で治療を受け・・・ 休暇を取って都合5日間寝込んで何とか起きられるほどに回復したものの、その後も咳が続いてほぼ完治まで10日間。 A( ̄∧ ̄;)

ん~・・・ こうして寝込まずに元気でいられることがありがたい。
外出時には “マスク着用” ・・・
帰宅したら “手洗いとうがいの励行” !! (* ̄▽ ̄)/


3014


で・・・ 今日の午後は “ギターレッスン”
新年を迎えて新たな練習曲となり・・・
新たな “ストロークフォーム” ピックを使った “アルペジオ” のレッスン。


その “練習曲” は・・・
あの・・・ 後世に歌い継がれるであろう “永遠不滅の名曲” ・・・
“さだまさし” 作詞作曲の・・・ “秋桜” 。 V(* ̄▽ ̄*)

まぁ・・・ この季節に “コスモス” とは如何に・・・
という意見が当然のこととしてあろうかとも思いながら・・・
間もなく “満開” になるであろう “ある場所” を懐かしく思い出した。


写真・・・ “2011.2.11撮影” ・・・
沖縄本島中部の “金武町伊芸” 地区の “コスモス” ・・・ (* ̄▽ ̄*)


冬に咲く “秋桜” もなかなかの風情があって・・・
こちらの “秋の風情” とは違った感じながらそれはそれで・・・
そして・・・ この近くの “キャンプ ハンセン” のゲート前には “タコライス” の美味い店があって・・・ ん~そんなこともただただ懐かしい。 A( ̄ー ̄;)


さて・・・ 明日は映画を観に行く予定。
良い土曜日の1日を心穏やかに過ごしたい。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 14, 2019

“万両”植え替え

3013          ・・・ “万両” ・・・


朝から晴れ渡った良き日。
今日は “成人の日” とか・・・
新成人諸君、どうか明るい “日本の未来” を築いていって欲しい。 m(_ _)m


σ( ̄^ ̄)・・・ 本日は “万両” の植え替え。
というのも、いよいよ旧宅の取り壊しが迫って・・・
旧宅の庭に植えられていた庭木など・・・ 家屋と一緒に処分してしまうのが何となく忍びなくて、せめて小振りな “万両” くらい残せないかと思い立ち・・・
掘りだしてきてσ( ̄^ ̄)家の庭で植え替え作業。 V(* ̄▽ ̄*)


ずいぶん昔のこと・・・
σ( ̄^ ̄)妻の実父・・・ つまり “岳父” が植えたとのこと。
当時は30cm程度の小さな1本の苗木だったのが・・・ 今では一つの株から4本の幹が伸びるほどに大きく成長。
大本の1本は約1.5mほどに伸び、他の2本が約1mほど・・・
そしてもう一つが50cm程にのびて、それぞれ赤い実をつけている。


これを・・・ それぞれに株分けして・・・
一番大きなのは花壇の隅に・・・ 支柱を立てて “地植え” してみた。
次の2本は高さ45cm程の大型プランターに植付け・・・
一番小さな株は写真のとおり・・・ 植え付けてみた。 A( ̄^ ̄;)


この “万両” に似ている “千両” という植物があって・・・
“千両”“センリョウ科”“万両”“ヤブコウジ科” に属し・・・
その違いは ・・・ “実の付き方” が異なるので簡単に区別できるらしい。

“千両” は葉の上に固まって赤い実が付くのに対し・・・
“千両” は葉の下に隠れて赤い実が垂れ下がって付くとのこと。


ネットで調べたら、植付の適期は4~5月か9~10月とのこと。
株分けして根に傷をつけてしまったし、寒さが一番厳しい時期だし・・・
何とか枯れずに上手く根付いて・・・ 元気に成長して欲しい。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 12, 2019

“孤舟蓑笠翁”

3012   ・・・ 一羽たたずむ “ダイサギ” ・・・


朝から強烈に “寒い”
そのせいもあるのか・・・ 今朝の起床は寝坊して8時過ぎ。


起き出し・・・ 部屋に朝日が射しこまぬロールスクリーンを開けると・・・
晴れるはずだったのに・・・ 朝から暗くドンヨリとした曇り空。 /( ̄へ ̄;)


東京都心部・・・ 昼前に “初雪” を観測とのこと。
σ( ̄^ ̄)家の辺りは雪にはならす “冷たい雨” が・・・
もう少し冷え込んでいたら・・・ きっと “初雪” が降っていたはず。 (* ̄▽ ̄*)


今日は出かける予定を変更・・・
部屋の窓越しに冷たい雨降る外を見ていたら・・・
たしか中学校で習った・・・ “漢詩” をひとつ思い出した。 /( ̄^ ̄;)


五言絶句

 「江雪」  柳宗元

     千山鳥飛絶
     萬逕人蹤滅
     孤舟蓑笠翁
     獨釣寒江雪


       せんざん とりとぶことたえ
       ばんけいじんしょうめっす
       こしゅうさりゅうのおう
       ひとりつるかんこうのゆき


       すべての山から鳥の飛ぶ姿が絶え
       あらゆる小道に人の足跡が消えた
       小舟が一つ蓑と笠をまとった老人が
       降る雪の中で独り釣り糸を垂れている


中学生の頃には、この “詩の趣” などはわからなかった。
が、それでもその後もずっと・・・ 今でも覚えているのは・・・
やはり心のどこかに・・・ “心の琴線” に触れる何かがあったのだろう。


雪が降りしきる凍れるような寒さの湖・・・ 時が止まったような静寂に包まれて一艘の小舟・・・ 蓑と笠をまとった翁が独り釣り糸を垂れて・・・ この翁の心の中にはどんな思いがあるのだろうか・・・

ただこの詩を読むだけで何とも言えぬ “心” が見えてくる。
が・・・ σ( ̄^ ̄)などには至れぬほどの深い思いなのであろう。 /( ̄へ ̄;)


σ( ̄^ ̄)の “里山独り散策” にもそんな思いが・・・
この歳になって “σ( ̄^ ̄)人生” ・・・ 如何なものであろうか。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 11, 2019

“金星と木星”

3011   ・・・ “冬野原” ・・・


ん~・・・ “寒中” ・・・ 朝の出勤がきつい。
それでも正月休み明けの一週間目・・・ 何とか無事に終了。

日の出前の午前5時起床・・・
まずは洗顔・・・ 髭を剃って髪を洗ってシャワーを浴びて・・・
テレビのニュースを見ながら “おかゆ” の軽い朝食・・・ /( ̄^ ̄;)


午前6時・・・ 暗い駅への道をとぼとぼ歩いて・・・
ほぼ “南東の空” にひときわ輝く星が2つ・・・
この時期は、たぶん・・・ 右上が “金星” で左下が “木星”

やがて “金星” は高度を下げてきて・・・
逆に “木星” は徐々に高度を上げていき二つの星は接近して・・・
今月末頃には “金星”“木星” よりも低い位置へ移動。 (* ̄▽ ̄)/


ん~ いつだったか・・・ このブログに書いたと思うが・・・
昔々のσ( ̄^ ̄)の田舎は山の中だったし当時は街の灯が少なかったから、新月の晴れた夜空にはたくさんの光輝く星を見ることができた。
そんな星空を見られなくなってどれくらい経つのだろう・・・
また・・・ いつかどこかであの “満天の星空” を見てみたい。 A( ̄へ ̄;)


この時期の “夜明け前” の出勤途上・・・
凍れるような朝空に “凛” と輝く “金星と木星” ・・・
神々しいほどに美しく・・・ ただただ見とれてしまうほどである。
が、本音は・・・ ぬくぬく布団の中で陽が昇るまで寝ていたい。 V(* ̄▽ ̄*)


さて、明日の夕方から “雪” の予報もあるあ・・・
まぁ・・・ 降水確率は高いようだが “雪” にはならぬだろう。
まぁ何にしても・・・ 明日もゆっくり寝坊のできることが嬉しい。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 06, 2019

“無理せず、気楽に、我慢せず”

3010   ・・・ “ソシンロウバイ” ・・・


朝のうちは晴れていたのに、昼近くには雲が広がり太陽が隠れてしまった。
陽射しがなくなるとやはり寒い。
年末から年始の休みも今日まで・・・
この “曇り空” ・・・ 明日からを暗示しているような・・・ A( ̄^ ̄;)


このところの起床時刻・・・ ほぼ午前7時15分前後・・・
それが明日からは午前5時起床・・・ 2時間15分も早くなるわけで・・・
目覚ましをセットして、まだ真っ暗なうちから起きださねばならぬ。 m(/。\)m


この年末年始・・・ 心身ともに鈍ってしまっていて・・・
本日は “小寒” ・・・ これから更に寒さが厳しくなってくるのに・・・
“気力・・・ 体力” は大丈夫であろうか・・・ /(* ̄▽ ̄*)


ん~、 “無理せず、気楽に、我慢せず” を本年のモットーに・・・
ま・・・ 取り敢えず3月いっぱいをどうにかこうにか乗り越えて・・・
4月になったなら新たなものが見えてくるかもしれぬから・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

January 05, 2019

“民放CM・・・アウト!”

3009   ・・・ “山茶花” ・・・


今日も良く晴れ渡ってくれて・・・ 最高!!
出かける予定は無かったのだが、たまらず自然公園散策に・・・ V( ̄^ ̄;)


この季節に “野の花” は少ない。
花・・・ “椿”“山茶花” そして “ロウバイ”“水仙” ・・・
が、 “凛” とした冷たい山の冷気を頬に当てながらの散策は気分が良い。

池にはつがいの “マガモ” ・・・
それに今日は “翡翠” ともいわれる “カワセミ” を見た。
ん~ 偶然、池にダイブした瞬間・・・ 木の枝に戻るシーンを見ただけ。
σ( ̄^ ̄)のカメラと技術じゃぁ・・・ 良いショットは無理。 A(* ̄^ ̄*)


ま・・・ 約90分のブラブラ散策・・・
ほぼ “枯野” ながら “若草の芽吹き” が始まっている様などを見ながら・・・
誰に気兼ねすることなども無く・・・ “一人歩き” は心落ち着く。 V(* ̄▽ ̄*)


“晩酌” ・・・ 今夜は “チューハイ” ・・・
まぁテレビをつけて “正月番組” を何となく見ながら・・・

しかし・・・ “民放” の番組は、実にもう “CMが鬱陶しい”
別に正月番組に限らず・・・ 番組の良いところまで引き付けておいて、次の展開を期待させながら此れ見よがしにCMを流す・・・ それも “くどい” ほどに・・・


σ( ̄^ ̄)の気の短さもあるのだろうが・・・
良いタイミングで・・・ まったくつまらないCMをに切り替えるなど許せない。
う~・・・ スポンサーがあるから番組制作ができるのだろうが・・・
こんなやり口はいけない・・・ 視聴者を減らすことになる。
現にσ( ̄^ ̄)・・・ ほとんど民放番組は見なくなってしまった。


思うこと・・・ “テレビ番組制作と放送の良心はNHKにしか無い。”
今後、 “民放” のCMシステムは変えていかねばいつかきっとダメになる。


ま・・・ なるようにしか成らぬそんなことはどうでもいいことで・・・
σ( ̄^ ̄) 今夜も途中にCMの入らない “DVD” を観ている。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 04, 2019

“新しいスニーカー”

3008_2


今日も気持ち良く晴れ渡ってくれた。
ん~ 去年から今年の年末年始・・・ 関東地方は天気に恵まれた。 V( ̄^ ̄;)


本日・・・ 本年、初外出。
靴のABC-MARTへ行ってきた。

この新年に新しいスニーカーを買おうかと・・・
いやいやいろんなブランドに色に形・・・ 実にたくさんの種類がある。


まず “NIKE AIR MAX” が目について・・・ サイズを変えていくつか履いてはみたのだがみんなガチッと締め付けられるような感じで履き心地がイマイチ・・・
で、“NEW BALANCE”“REEBOK”“ADIDAS” 他いろいろから・・・
一番履き心地の良かった “PUMA” のスニーカーを買ってきた。


軽くて柔らかくて実に良い感じのフィット感が嬉しい。
これ・・・ 実は “美” からσ( ̄^ ̄)への誕生日プレゼント。
ん~ 当分は・・・ ラフには履けないかぁ・・・ V(* ̄▽ ̄*)


休みも残すところ2日・・・
色々考えていた処理予定計画も概ね実行できている。
ま、一部は4月以降に繰り下げたものもあるけれど・・・ A( ̄^ ̄;)


去年1年間・・・ いろいろな事があったけれども・・・
心静かに謙虚に年末年始を過ごせたと感じている。 m(_ _)m

| | Comments (0)

January 03, 2019

“雑煮が美味い”

3007  ・・・ “スイセン” ・・・


ちと “新春” らしい写真を・・・
と、言っても昨年の暮れに撮影・・・ A( ̄へ ̄;)


ああ・・・ 新年も、あれよあれよという間に “3日” ・・・
新たな年が始まり “快晴” の日が続き・・・ 掃除した窓からの眺めが良い。
風も無く本当に穏やかで、喧噪の無い日々が何とも嬉しい。 V( ̄^ ̄;)


で、この三箇日・・・ まったく外出せず。
ま、元日と2日は・・・ 朝からお節料理を “純米大吟醸” でいただき、元日は餅3個で2・3日は餅2個の雑煮を美味しくいただいた。
何だかんだと・・・ ちと食べ過ぎの感あり。 V(* ̄▽ ̄*)


σ( ̄^ ̄) “餅” が大好きで・・・ 子供の頃には食事の他におやつ代わりに自分で餅を焼いて食べていたほど・・・
“餅” は・・・ まず搗き立てを “生醤油” で食べるのが一番。
かつては田舎の実家でσ( ̄^ ̄)が餅を搗いていた。
まぁ・・・ “納豆”“大根おろし”“小豆のアンコ” も良い。
また、 “切り餅” を醤油のつけ焼きにして海苔を巻く “磯辺巻き” ・・・

それに、やはり “雑煮” が美味い。
σ( ̄^ ̄)家の雑煮は、東京生まれの婆様直伝の “江戸前風雑煮” ・・・
それをしっかりと “由” が引き継ぎ・・・ カツオと昆布の出汁に、少し焼き目のついた切り餅、鶏肉、ホウレンソウ、三つ葉、柚子、蒲鉾が入って・・・
ごく普通の “雑煮” なのだろうが・・・ これが何とも!! (* ̄▽ ̄)/


で・・・ まだ “初詣” にも行っていない。
“由”“実業団駅伝”“箱根駅伝” のTV視聴。
σ( ̄^ ̄)は、DVD鑑賞、ギター練習、パソコン・ネットサーフィン・・・
ま、σ( ̄^ ̄)家の正月は毎年こんな風に静かに過ぎていく。 /( ̄^ ̄;)


さて・・・ 明日は近所の “八幡様” へ初詣・・・
飲み過ぎ・食べ過ぎで・・・ ちと体重増加が心配。
正月休みも残り3日・・・ そろそろ “リハビリ” に取り組まねば・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

January 01, 2019

“ごあいさつ”

3006_2     ・・・m(_ _)m・・・

| | Comments (0)

December 31, 2018

“どうぞ良いお年をお迎えください。”

3005   ・・・ “冬晴れの空” ・・・


平成30年・・・ 平成最後の “大晦日” ・・・
今夜も普段と同じように・・・ ただ静かに暮れ行く。 /( ̄^ ̄;)


今年は、4月に “岳母逝去” ・・・ そして、10月に “実父逝去” ・・・
ん~ 体調を崩したこともあったが・・・ その他は穏やかな1年だったか。


この1年・・・
心掛けながらもなかなか思うようにいかなかったこと・・・
“心穏やかに謙虚な日々を送るべく精進する” ・・・
引き続きそうあるべく・・・ “我” をおさえて意義ある日々を・・・ m(_ _)m


来年3月末に大きな人生の転機を迎える。
思い描いたような “心穏やかな日々” がやって来るのだろうか・・・
なるようにしか成らぬのが人生・・・ さてさて未知なる世界へ・・・ A( ̄^ ̄;)


ということで・・・
この “残日録” 的σ( ̄^ ̄)ブログにお越しいただきました皆様・・・
本当にありがとうございました。
どうぞ・・・ 心穏やかに・・・ 良いお年をお迎えください。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 30, 2018

“ブログ・・・σ( ̄^ ̄) 残日録”

3004   Webサイトから借用


晴れ渡った歳の瀬の午後・・・何とか体調も回復。
今年中に観ておきたかったDVD鑑賞・・・ V( ̄^ ̄;)


“藤沢周平 新ドラマシリーズ” ・・・
“遅いしあわせ”“果し合い”“冬の日”・・・
そして、“三屋清左衛門残日録” 、その “完結編” の計5作品。

TSUTAYAでこれらを見つけた時に “ドキッ” とした。
いずれも主演が素晴らしく、σ( ̄^ ̄)好みの作品と思えて・・・
もう “これは観るしかない。きっと満足する作品 ”・・・
と、直感的に閃いて借りてきた作品。 V(* ̄▽ ̄*)


で、本日は “三屋清左衛門残日録” ・ “完結編”の2作品・・・
σ( ̄^ ̄)原作を読んではいないのだが、 “藤沢周平” 原作だものハズレはないだろうとドキドキしながらディスクをパソコンにセット ・・・ A( ̄^ ̄;)


“北大路欣也” 主演
役どころは、某藩の先代藩主の元御側用人・・・
今は、家督を譲った息子夫婦と同居するヤモメの “隠居老人”
「残日録」 と記した日記に日々の思いを認めている。

時折、街中の居酒屋で同輩の町奉行と杯を交わしたり・・・
剣術道場で稽古に励んだり、魚釣りに出かけたり、若かりし頃に交友のあった同輩や友人達と再会し・・・ あれこれ充実した隠居生活を送っている人物。


同じく時代小説作家の “池波正太郎” にも・・・
剣術の腕前を活かして事件を解決し、人情の機微で泣かせる作品がある。

“剣客商売” ・・・ “藤田まこと” が演じた “秋山小兵衛” ・・・
こちらも隠居老人が飄々としながらも充実した日々を送るストーリー。
つい先日、この “秋山小兵衛” 役を “北大路欣也” が演じた作品がテレビで放映され・・・ σ( ̄^ ̄)観たばかり。


“残日録” ・・・
“日残りて 昏るるに 未だ遠し” (ひのこりて くるるに いまだとおし)
現役の一線を退いて、さて・・・日々何をしたらいいのかと・・・
“老い” というものを見つめつつ、どう生きれば良いのか考えさせられる。


ちょうどσ( ̄^ ̄)なども間もなく遭遇するであろう日々・・・
σ( ̄^ ̄)には・・・ 無論、悠々自適の隠居生活を送れる経済的余裕などないのだけれど、さればこそ・・・ “充実した老い” の日々を送るには如何に・・・
この歳の瀬に・・・ 何とも心に沁みる作品であった。 /( ̄^ ̄;)


“三屋清左衛門” の記した “残日録” の一文・・・

   “ 老いることすなわちまた生きることなり
     いつの日か命果てぬとき来たらば
     ありがたき心捧げて死をむかえん
     されどいよいよ死ぬるその時まで
     与えられし命いとおしみて
     ひとすじに生き抜くべし ”


ん~・・・ まったく重みなどないものの・・・
このブログは・・・σ( ̄^ ̄)の “残日録” やも知れん。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 29, 2018

“冬の里山散策”

3003


この年末の休み・・・ おおよそ午前7時15分前後に起床。
今日も朝から清々しく晴れ渡って気分良好。 V(* ̄▽ ̄*)


で・・・ 昨日の窓ガラス拭きによる “肩凝り・腰痛・膝痛” ・・・
一晩寝たら “腰痛” は何とか回復・・・
ただ “肩凝り”“膝痛” がイマイチ・・・
せっかくの好天・・・ なるべく平坦な公園を歩こうと出かけてみた。 /( ̄^ ̄;)


ちと空気は冷たいものの・・・ “凛” とした風情が良い。
σ( ̄^ ̄) のようにひとりボ~ッと散策する人・・・ ジョギングする人ウォーキングする人、家族連れや子供たち年配のご夫婦などなど・・・
皆、この年末の寒い中を何か目的を持って歩いている。 A(* ̄▽ ̄*)


σ( ̄^ ̄)はただ・・・ 冬の陽射しを浴びながら、できるだけ土の上を歩いて無理せず普段の運動不足の解消を図ろうかと・・・
それに冷たい空気を胸一杯吸い込んで毒素とストレスを吐き出し・・・
雑木林を渡る風の音を耳を澄ませて聴きながら・・・
土と落葉の感触を楽しみながらゆっくりと歩いて・・・ A( ̄^ ̄;)


ああ・・・ 今日は面白いものを見た。
σ( ̄^ ̄)の歩いていた道の約50mくらい先・・・
ちょうど風の通り道だったのだろうか・・・ 枯葉が風に吹かれ・・・ カサカサわさわさと大きな音を立てながら次から次へとたくさんの枯葉が・・・ まるで生き物のように道の上を走って来る様に暫し見とれてしまった。 V(* ̄ー ̄*)


σ( ̄^ ̄)の生まれ育った所はすぐそばに “里山” があって・・・
だから子供の頃の普段の遊び場は・・・ 山と川と自然の中で・・・
そんな経験からか、この歳になって・・・ あの子供の頃に感じた “里山” の感触を懐かしんでいるのかもしれない。 (* ̄▽ ̄)/


ん~・・・ 本日12月29日は “由の誕生日” ・・・
久し振りに食べた “不二家のケーキ” が美味・・・
・・・ ってことで “膝痛” は何とか楽に・・・ただ “肩凝り” が・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 28, 2018

“自己充実の窓ガラス拭き”

3002   ・・・ “冬の風景” ・・・


いや~・・・ 今日は良くぞ晴れ渡ってくれた。
いよいよ今年も押し詰まってきて師走も・・・ “28日” 。 (* ̄▽ ̄)/


今日は “窓ガラス掃除”
まぁ・・・ 本来ならば “大掃除” ってところなのだろうが・・・
ちと・・・ そこまでの “やる気” を持ち上げることができずに・・・ A(/。\)


お湯を入れたバケツ、雑巾、ガラス用洗剤、ガラス拭きワイパーを用意・・
まずは2階の “インナーバルコニー” の外側ガラス・・・
いや、今日は風が強くて・・・ しかも冷たい。
トレーナーの上にフリースを着込み・・・ 完全武装。V( ̄^ ̄;)

水拭きしただけで雑巾が真っ黒・・・ 洗剤を吹き付けてしばらく放置。
上下2段のガラス・・・ 上を拭くのに問題は無いのだが・・・
σ( ̄^ ̄) 膝の具合が良くないものだから・・・ 無理せず下部のガラスを拭くために低めの台を持ってきて腰掛け・・・ 気分良く作業。 V( ̄^ ̄;)


で、続いて内側・・・
外側と打って変わって・・・ ガラス戸を閉め切ると陽射しが暑いほど。
ワイパーでガラス面を擦ると汚れが拭われて・・・ 後は雑巾で拭くだけ。
若干の拭きムラは残るものの思った以上にきれいになって・・・ V(* ̄▽ ̄*)


その次は、その内側の居室のガラス窓・・・ “美の部屋”“猫部屋” ・・・
それから “由” の部屋とσ( ̄^ ̄)の部屋の窓も。
階段中ほどのガラスも拭いて・・・ 最後に “玄関ドア” を掃除。


今回・・・ 全部のガラス窓を拭き掃除できなかったが・・・
まぁ、普段掃除していない汚れの激しい箇所を重点に・・・ ってことで・・・


ん~・・・ この時間になって “心配した症状” が出てきた。
上から、肩凝りと腰と膝に痛みが・・・
いずれも慢性の症状があるものの、これは多分 “一過性” ・・・ /( ̄へ ̄;)


この掃除・・・ 家人に言われての作業じゃぁなく・・・
まぁσ( ̄^ ̄)の “自己(満足)充実” のための行動ながら・・・
σ( ̄^ ̄)の “心” までも何となくきれいになったような・・・ V( ̄^ ̄;)

綺麗になった窓ガラス越しに外を眺めるのは気分が良いもので・・・
こんなささやかなことながら自分を “褒めてやりたい” 。 V(* ̄▽ ̄*)V


今年も残すところ・・・ あと “3日” ・・・
何にしても心穏やかに年末・・・ そして “新年” を迎えたい。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 27, 2018

“我が家の三毛猫”

3001   ・・・ “ぶっちゃん” ・・・


σ( ̄^ ̄)家の飼い猫。
元々は野良で外猫だったのだが・・・
生き残った親子3匹を捕獲して・・・ 今は “家猫”

最初は、母猫の “おかあさん” と姉妹の “ちろ” の3匹だったのだが・・・
母猫が死んでから、姉妹2匹で・・・ 2階の6畳間の猫部屋で寝起き。
朝、家人が部屋を開けると1階に降りてきてリビングで生活。 /( ̄^ ̄;)


猫ども・・・ 餌をくれてトイレの始末をしてくれる人にだけ懐いていて・・・
だから σ( ̄^ ̄)のそばには決して寄ってこない。
晩酌している時は、約1mの距離を保ってじっとσ( ̄^ ̄)を見てる。
刺身とか肉とか・・・ 箸に摘まんで差し出すと少なからず興味はあるようで・・・ フンフンと匂いをかぐけれども決して食べようとはしない。 A( ̄^ ̄)


時折、σ( ̄^ ̄)が新聞を広げていると・・・ 何を思ってかσ( ̄^ ̄)に近づいてきて目の前の新聞の上を邪魔するように歩いて行くこともあるのだが・・・
たまにソファーに寝転がっている時など撫でさせてくれることもあるが・・・
基本的にはσ( ̄^ ̄)には近づかない・・・ いや避けている。


TVの天気予報を何故かじっと興味深げに見ていたり・・・
猫や鳥が映るとTV画面に飛びついたり・・・
σ( ̄^ ̄)の食事や晩酌の様子を身動きせずじっと観察している風で・・・
・・・ この “ぶっちゃん”“哲学猫” なのかもしれぬ。 (* ̄▽ ̄)/


ソファーに横になった家人の太腿に乗って寛ぐ “ぶっちゃん” ・・・
写真を1枚撮って近づいたら・・・ やっぱり逃げてしまった。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 25, 2018

“ふるさとは遠きにありて思ふもの”

3000   ・・・ “ダイサギ” ・・・


親父が亡くなってちょうど2ヶ月・・・
平成30年10月25日が命日・・・ で、今日は “月命日” ・・・ /( ̄^ ̄;)


親父が存命中は・・・ 年末になれば様子を見に帰省していたのだが・・・
亡くなってしまうと足が遠のいてしまうような・・・
σ( ̄^ ̄)が生まれ育った地に義姉も姪も暮らしており、σ( ̄^ ̄)の田舎が故郷が無くなってしまった訳ではないのだけれど・・・
父母の墓、兄の墓も故郷にはあるのだけれど・・・
まだお親父が生きていた時に自分の気持ちの中にあった “故郷の存在” が、親父が亡くなってから少し変わったように感じている。


詩人・・・ “室生犀星” の詩・・・
  “ 「小景異情」 その二 ” から

   ふるさとは遠きにありて思ふもの
   そして悲しくうたふもの
   よしや
   うらぶれて異土の乞食(かたい)になるとても
   帰るところにあるまじや
   ひとり都のゆふぐれに
   ふるさとおもひ涙ぐむ
   そのこころもて
   遠きみやこにかへらばや
   遠きみやこにかへらばや


これは・・・ “室生犀星” が故郷を去る時の辛い心情を詩にしたもので・・・
その “思い” とσ( ̄^ ̄)が感じている故郷への “思い” とは意味を趣を異にするなるものなのだけれども・・・ “遠のいてしまった故郷” への “思い” というものが何とも寂しいような切ないような・・・


σ( ̄^ ̄)・・・ 決して二度と故郷に帰らないなんてことは無く、帰ろうと思えばいつでも帰ることはできるし・・・ 故郷に辛い思いなどもまったく無く、ただ懐かしさが溢れるばかりながら・・・
もう自分の生まれ育った故郷に帰っても父も母も兄もいないのだなぁ・・・ という現実を思うと、 “ふるさとは遠きにありて思うもの” ・・・ そんな感慨を覚え・・・
σ( ̄^ ̄) “ひとり” になってしまったなぁ・・・ って・・・ /( ̄^ ̄;)


ん~・・・ 今夜は合掌して・・・
   ふるさとは遠きにありてもやさしくて・・・
   そして溢れる思いを歌うもの・・・
       m(_ _)m

| | Comments (0)

December 24, 2018

“更級日記”の地を訪ねて

やっと晴れ間の見えた振替休日のクリスマスイブ・・・
クリスマスイブとはまったく関係なく、出かけるなら今日しかないと思い立ち・・・
千葉県市原市へ・・・ ロングドライブ。 V( ̄^ ̄;)

あの “更級日記” の作者・・・
菅原孝標女(すがわら の たかすえ の むすめ)” が “国司” である父とともに3年余を住み暮らした辺りを訪ねてみようと・・・

当時の “上総国国府” は市原市にあったと考えられており、市原市をはじめいろいろな研究機関が調べたらしいのだが具体的な場所は不明らしい。
そして、 “国司” を務めた “菅原孝標” の住居も特定されていない。
が・・・ 役所も住居も市原に所在したであろうと思われる。 /( ̄^ ̄;)


2997_3

JR内房線 “五井駅” 東口そばの “菅原孝標女” の銅像・・・
国司の任を終えて京都へ帰る父や家族と一緒に旅立つ娘・・・
当時数え年13歳・・・ 上総を旅立つ姿をモチーフにしている。

ただ・・・ “菅原孝標女” の本名はどこにも登場せずわかっていない。
“更級日記” は作者の上総国での暮らしぶり・・・ そして京都に帰るところから始まるのだが、作者が13歳の頃の旅日記を50歳近くになってから人生を回想して書かれたものとのこと。


2998

“上総国分寺跡” 地に残る “国分寺七重塔” 跡・・・
中央に残る “心礎” ・・・
この七重塔の高さは “63m以上” ・・・
奈良県の “法隆寺五重塔” の2倍近くあったとのこと。


2999   ・・・ “心礎” 直径1.8m、厚さ0.7m ・・・

現在の市原市役所と市原市市民会館は “上総国分僧寺”“上総国分尼寺” に挟まれるように所在している。
この地は、むかしむかしから “公” の場所だったのかもしれない。
その昔から・・・ たぶんこの界隈には国の寺院をはじめとして “国府” やその政庁に勤務する人たちの住まいがあったのであろう。

きっと “菅原孝標女” もこの “国分寺七重塔” を見上げたはず・・・
この場所から少し離れた “国分尼寺” にも詣でたはずである。


寛仁4年(1020年)・・・ “菅原孝標女” はこの地を去るのだが・・・
現在から遡ること “1000年” ・・・
遥か古の上総の風景・・・
光の色、空の高さ、風の音・・・ いったいどんな風であったろう・・・


σ( ̄^ ̄) 今日、その場所に立って・・・ 古への思いを馳せて・・・
そんなことを・・・ ひとり心静かに思ってみるのも良い。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 23, 2018

“晩酌の肴”

299604


昨日、今日・・・ 雨模様の天気。
家でゴロゴロと・・・ 大掃除をする気も起こらず・・・ /( ̄へ ̄;)


今夜の “晩酌の肴” ・・・ “イワシの丸干し”“キムチ鍋” ・・・
で、焼酎をロックでクイクイと・・・ V(* ̄▽ ̄*)


“イワシ”“鯛・鮃・鮪” などと比べると “下魚” になってしまうらしく・・・
大量に獲れることもあってかぞんざいに扱われているような・・・
けれど・・・ σ( ̄^ ̄)の大好物で “安くて美味い魚” である。 V( ̄^ ̄;)


“いわし” というと・・・ ある “詩” を思い出す。
“金子みすゞ” の詩・・・ “大漁” という有名な作品。

  大 漁 <金子 みすゞ>
     朝焼け小焼けだ
     大漁だ
     大羽鰮(いわし)の
     大漁だ。

     浜は祭りの
     ようだけど
     海のなかでは
     何万の
     鰮のとむらい
     するだろう。


“大羽いわし” は大ぶりないわしのことをさすらしいが・・・
ん~・・・ この短い詩に何か “ハッ” とさせられるものがある。
“才” ある人は・・・ 何気ないことを普通の言葉で感動させる。 /( ̄^ ̄;)


“凡” なσ( ̄^ ̄)としては・・・ 深い意味のある言葉を紡ぐことなどできぬ。
まぁ、思うことといえば、 “いわし” には大小いろいろ種類があるけれども・・・
総じて・・・ 大小問わずいずれも間違いなく美味である・・・ と・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 21, 2018

“冬休み初日”

朝からさわやかに晴れ渡った “冬晴れ” ・・・
本日より “年末年始休暇突入” ・・・ “冬休み初日” 。 V( ̄^ ̄;)


で、本日は “内科” の定期健診。
血圧も尿酸値も体調も・・・ まぁボチボチ・・・
が・・・ またしても左手首に “ガングリオン” が膨らんできて・・・
注射器でゼリー状の物体を吸引したのだが、どうにも芳しくない。 /( ̄へ ̄;)


午後は、本年最終の “ギターレッスン”
コードストロークにおける “ピックと手首と腕” のレッスン・・・
“音ムラ” が少なくなってσ( ̄^ ̄)でもびっくりするほど “良い音” がでるようになって、腕の振りと弦へのタッチが何ともスムーズに。 V(* ̄▽ ̄*)

やはり自己流じゃぁ身につかないテクニックがある。
もっと若い頃からレッスンを受け続けていたらと・・・ A( ̄^ ̄;)


さて・・・ 今夜は “フジテレビ” で良い番組が放送される。
かつては “藤田まこと” 主演で制作された “剣客商売” ・・・
あの “鬼平犯科帳” と同じ “池波正太郎” 原作の時代小説。


2995


今夜9:00~あの “秋山小兵衛”“北大路欣也” が演ずる・・・
“フジテレビ年末時代劇スペシャル 「手裏剣お秀」 ” ・・・

普段はあまりテレビは見ないのだが・・・
ストーリーも承知なのだが、これは見逃す訳にはいかない。
さぁ・・・ 見るぞぉ。 m(_ _)m

| | Comments (0)

«“紅葉の押し葉”