« November 2016 | Main | January 2017 »

December 31, 2016

“いとしめやかなり”

2617  ・・・ 青空に “飛行機雲” ・・・


平成28年 “大晦日” ・・・
風は無く・・・ 雲ひとつ無く穏やかに晴れ渡たりて・・・
σ( ̄^ ̄) 心も・・・ “いとしめやかなり” 。 /( ̄^ ̄)


この1年を省みて・・・
 春先から右膝関節炎に泣かされ・・・ 長いお付き合いになりそう。
 アコースティックギター・・・ まだまだながら去年よりは大きな進歩。
 写真の腕前・・・ ん~上達したという実感が得られぬまま時は過ぎ行く。
 LOTO6・・・ 5等以外の当りが無いままで億万長者への道は遥かに遠い。
 酒量・・・ 以前よりも大幅に減少させたもののウエスト&体重は減少せず。
 持病・・・ 慢性蕁麻疹、逆流性食道炎、鼻炎、副鼻腔炎、その他好転無し。
 心穏やかに・・・ 般若心経を唱えるも俗事に煩わされ悟りの域に達せず。
 その他諸々・・・


ま、 “焦らずに無理せず無茶せず程々に” ・・・
ってことで、何とか “大晦日” を迎えることができた。 A( ̄ー ̄)ニャ


この1年・・・ “酔って候” にお越しいただきました皆様・・・
心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 30, 2016

“陽炎の辻” 再び・・・

年末休暇・・・ グダグダと過ごしている。
まぁ、あるがままに・・・ とでも言うか、心静かに一年を省みつつ・・・ /( ̄^ ̄)


261401_2


今夜、19:30~地デジNHK総合で “陽炎の辻” が放送された。
ん~・・・ 実は、過去に放送された3シリーズの続編かと思ったのだが、残念ながらこれまでの放送を編集した “ダイジェスト版” ・・・
σ( ̄^ ̄) “DVD” を全巻持っていてすべて承知しているのだが・・・
分かりやすく期待どおりの痛快な展開で・・・ 何とも懐かしく見た。 A( ̄ー ̄)ニャ


261502_2


“佐伯泰英” 原作 “文庫本” 書き下ろしの時代小説・・・
今年の1月に発刊された第51巻目 “旅立ノ朝” で既に完結しているのだが、新聞のTV番組蘭に “陽炎の辻” のタイトルを見つけて楽しみにしていた次第。
ん~・・・ “単純明快な内容” で、よくありがちな “勿体つけたような” 難しさなどまったく無くて、心熱くなる本当に素直なドラマ・・・
ああ、やっぱり良い。
σ( ̄^ ̄)の大好きなドラマ。 V( ̄ー ̄)ニャ

σ( ̄^ ̄)・・・ 過去にもこの “ブログ” に書いている。
2009年の10月と11月の2回・・・
原作もまだ途中でどんな展開になるのか楽しみだった頃。 A( ̄^ ̄;)


261603_2


で、新年1月2日には、21:00~7年振りの “新作” が放送されるとのこと。
これまで放送されたその後の続編で “陽炎の辻 完結編”
これは何としても見逃せない。 V( ̄ー ̄)ニャ


さて・・・ 今年も残すところあと1日。
ま、 “心静かに” 大晦日を迎え・・・
そのまま穏やかに・・・ 新たな年を迎えられればそれで良い。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 28, 2016

“日帰り帰省”

2613   ・・・ “冬薔薇” ・・・


強風が雲を吹き飛ばし・・・ スッキリと晴れ渡った一日。
首都高は車は多いもののスムーズな流れで、こんな日はドライブ日和。

で、 “中央環状線” を走っていると “東京スカイツリー” がすぐそこに見えて、その先の都心に建ち並ぶビル群の彼方に陽射を受けて真っ白な “富士山” が大きくクッキリ・・・ 久し振りに素晴らしい景色を見ることができた。
普段ならいやだけれども・・・ 車が止まってしまうような “渋滞” だったなら、望遠でカメラを構えることもできただろうに・・・ いや、残念。 /( ̄^ ̄;)


ちと田舎に行ってきた。
σ( ̄^ ̄)の “父親” のご機嫌伺いに。
ん~・・・ 帰省するのも盆暮れぐらいになってしまった。
σ( ̄^ ̄)の “実兄” が亡くなってからは、 “義姉” と姪の家族が面倒を見てくれているので安心ではあるのだが・・・ /( ̄ー ̄)ニャ

ま、親爺・・・ 年齢相応ながらも思ったより元気で安心。
一緒にお茶を呑んで取り留めのない話をして・・・ 帰ってきた。


ん~・・・ 日帰りは疲れるがσ( ̄^ ̄)もまだまだ元気・・・
夕焼けに浮かぶシルエットの富士山を横目で見ながら無事帰宅。A( ̄ー ̄)ニャ


いや・・・ やっぱり帰省して良かった。
風景は変わってきているが・・・ やはり “故郷” は良いものである。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 26, 2016

“東京タワーとスカイツリー”

2610


“銀座東7丁目歩道橋” ・・・下を通るのは “昭和通り”
この場所・・・ “新橋演舞場” や今、話題になっている “築地市場” 近く。
ま、東京都中央区 “銀座” の一角なのだが・・・
ちと “面白い風景” を見つけた。 V( ̄ー ̄)ニャ


この歩道橋から “ほぼ一直線上”“東京タワー”“東京スカイツリー” の両方が見られることに気がついた。
歩道橋の下に車道だけで “横断歩道” は無いために、地上に立って見ることはできないのだが・・・ ま、車道上からも同じように見えるはず。 /( ̄^ ̄)


2611


“ほぼ一直線” ・・・ 若干の角度があるため完全な一直線上ではないのだが、両者が見える歩道橋の立位置の距離は “約15m” くらい。
まぁ、高いビルの屋上とかならば見える場所は多々あるだろうが・・・
“ほぼ地上” から、こんな角度で両方が見える場所は他には無いと思う。


“歩道橋” から見て・・・
“北西” の方角 “約4.0㎞” に墨田区押上の “東京スカイツリー” ・・・
“南西” の方角 “約1.4㎞” に港区芝公園の “東京タワー”

2612_2


さすがに足元は見えないのだが、ビルのすき間にはっきりと見える。
ちょうど “昭和通り” のカーブの具合が良かったのだろう。 A( ̄ー ̄)ニャ


ん~ この “歩道橋” ・・・ 新たな “銀座の名所” になり得るか・・・
ま、・・・無理だろう。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 25, 2016

“年末の重要事項”

2609   ・・・ “冬薔薇” ・・・


今日は曇り空・・・ が、午後にはすっかり晴れ渡った。
別にこれといった計画も無いままに家でゴロゴロ・・・ /( ̄^ ̄;)


ん~ 家の掃除をする気にもなれず・・・ 書斎のデスク周りを整理してみた。
パソコン関係、ディスプレイ、ルーター、プリンタ、テレビ、オーディオ、電話・・・
これらの電源コードがゴチャゴチャと凄いことになっている。

その他にも、電気スタンド、カメラと電子辞書の充電器のコードなどもあって、生活の一部分・・・ ほとんど遊びの部分ながら、これほどまで・・・ 何から何まで電気に依存している現実に改めて驚いた次第。
いや、ずっと当たり前のことと捉えていた日常というものが・・・
何事も無く “こうしていられること” に深く “感謝” 。 m(_ _)m


で、σ( ̄^ ̄) 整理能力が無い訳ではないと思うのだが・・・
どう整理したら良いかってことも分かってはいるのだが・・・ A( ̄ー ̄)ニャ


どうにかコンセントを整理してホコリも払ってスッキリと片付いた。
“2017年” のカレンダーもセットして新年を迎える準備完了。
これを持って “年末の重要事項” の一つを終了ということで・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 24, 2016

“2016年師走”

2608


朝から穏やかに晴れ上がった一日・・・
ん~・・・ 冬らしい寒さを感じる。 /( ̄^ ̄)


で・・・ 巷は “クリスマス・イブ”
ま、σ( ̄^ ̄)には別にこれといった予定は無い。
が、ちと用事があって商店街と大手スーパー店内を歩いてみた。
ひょっとして・・・ あの “不朽の名曲” が聴けるかと期待したのだが・・・
“山下達郎” の・・・ あの “クリスマス・イブ” は流れなかった。 /( ̄□ ̄;)

街中に流れるその中にσ( ̄^ ̄)身を置いて・・・
σ( ̄^ ̄)なりの “情緒” を一人静かに味わいたかったのだが・・・ /( ̄^ ̄;)


今、自室の書斎・・・
窓を開けて外の様子を見てみた。
風も無く本当に静かで寒い夜・・・ “Silen night, Holy night” ・・・
“クリスマス・イブ” ・・・ 音を落として流して・・・
椅子にもたれて目を閉じて、この一年を振り返ってみる。 A( ̄ー ̄)ニャ


人生 “後半戦” ・・・
どこまで行けるか、あと何ができるか。
ま・・・ 多くを望まず心穏やかな日々を・・・ “2016年師走” ・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 23, 2016

“ギターTAB譜” 制作

いよいよ “冬休み”
昨夜の強風・・・ 明ければ “快晴”
・・・ だったのに、あれよあれよと雲が広がって今にも降り出しそうに。
まだ何とか持っているが・・・ A( ̄ー ̄)ニャ


2607tab


で、今日は休養ということで家でゴロゴロ。
本を読んだりギターを弾いたりしていたのだが・・・
ふと、 “スピッツ”“ロビンソン” のイントロのメロディーを弾いてみようと思い立って、楽譜を引っ張り出してみたら・・・
σ( ̄^ ̄)には・・・ 結構難しい。


ま、この曲は “ストローク” もテンポが早く16分音符のタイが入ってアップダウンが小刻みで・・・ それほど複雑な変化は無いのだが疲れる。
この “イントロ” ・・・ 8分音符を刻めばいいと思っていたのだが・・・
譜面どおりのローポジションでは音が面白くないので、ミドルからハイポジションで弾いてみようとメロディーラインも一緒に “TAB譜” を作ってみた。


“TuxGuitar” というパソコンのフリーソフト。
これが優れもので、 “TAB譜”“五線譜” の制作が同時にできる。
マウスを使ってフレット番号や音符を入力していくだけで、実際の “楽曲” が自動的にできあがる訳で・・・
しかも実際に入力した楽曲をすぐに “MIDI” で再生もでる。 V( ̄ー ̄)ニャ
σ( ̄^ ̄)などにはもったいない程の素晴らしいソフト。


が、 “TAB譜” を入力したからといって上達する訳はなく・・・
ただ、これがあればσ( ̄^ ̄)などの初心者は練習がしやすくなる。
実際に指板のポジションを弾きやすいようにあれこれチェックしつつ・・・
今後は地道な練習をゆっくりと楽しみながら・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 18, 2016

“真田丸” 最終回

本日も “快晴” !!
風も無く本当に静かな・・・ “小春日和” の日曜日。 /( ̄^ ̄)

NHK大河ドラマ・・・ “真田丸” は本日が最終回。
午後6時からの “BS3ch” ・・・ 焼酎の水割りを呑みながら・・・
何と言ってもさすがにNHK・・・ いや、良かった。 V( ̄^ ̄)


260420141121   ・・・ “上田城址” ・・・


2年前・・・ 2014.11.21(金)・・・
長野県上田市別所温泉の “北向観音” を参詣した折に “上田城址” へ。
その時、すでにNHK大河ドラマ “真田丸” の放送は決まっていたようで・・・ 城址公園のあちこちに “六文銭” の幟がなびいていた。


260520141121   ・・・ “真田神社” ・・・


ん~・・・ σ( ̄^ ̄)幼き頃・・・
“真田” のドラマ・・・ ラジオかテレビか映画か・・・ 記憶がある。
ラジオドラマだったような、テレビドラマだったような・・・ 記憶がハッキリしない。
“風雲真田城” だったか “真田十勇士” だったか・・・ その後に見聞きしたものとごっちゃになって記憶しているようで・・・ どうにもハッキリしない。
“猿飛佐助”“霧隠才蔵”“三好清海入道” ・・・ が登場していた。
空き缶などで “手裏剣” を作ったり・・・
“佐助”“才蔵” ・・・ 特に“忍者” はヒーローだった。 /( ̄ー ̄)ニャ


ま、今時の子供達にはカラフルな “戦隊もの” のTV番組があるように、当時の子供達にはラジオドラマが大変な人気だった。
そしてテレビの普及により “忍者もの”“チャンバラもの” が。
“赤胴鈴之介”“風小僧”“白馬童子”“紅孔雀” ・・・
“少年ジェット”“怪傑ハリマオ” も・・・
その後に “ウルトラQ” ・・・ “ウルトラマン” とか・・・ A( ̄ー ̄;)ニャ


260620141121   ・・・ “上田城下” ・・・


上田城から南側に見渡せる城下の街と山並・・・
“真田幸村” 、いや “真田信繁” もこの山並を眺めたことだろう。

歴史に名を残した “真田幸村” ・・・
生きるか死ぬかの中で発揮した “リーダーシップ” ・・・
ん~・・・ 生半可なものではなかったであろうことは容易に想像できる。


σ( ̄^ ̄)など・・・ どう転んでもそんな人物にはなり得ない
σ( ̄^ ̄)が、もし戦国の世に生まれていたら何をしていただろう。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 17, 2016

“首里城への坂道” 与名原 恵

2602


“冬晴れ” の一日。
風も無く静か・・・ 低い冬の陽射はやわらかいが眩しい。 /( ̄^ ̄;)


“三省堂書店” で文庫本を見つけてきた。
σ( ̄^ ̄)に見つけられるべく・・・ この一冊が異様に輝いていたような・・・

いつもザーッと見て歩く本棚の下の “平積み” 部分に、 “面陳列” されていた本棚からこの一冊が何故か落ちていて・・・ でなければ見逃してしまう一冊・・・
無意識のうちに手に取っていた。 /( ̄□ ̄;)))


  “中央公論新社”“中公文庫”
   著者 “与那原 恵”
     「 首里城への坂道
        ― 鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像 ― 」
                       2016年11月25日 初版発行


カバーに書かれている紹介文から一部を抜粋・・・

  大正末期から昭和初期、大々的な琉球芸術調査を行い、貴重かつ膨大な
  資料を残した研究者・鎌倉芳太郎。
  稀代の記録者の仕事を「紹介する本邦初の評伝であるとともに、彼に琉球
  文化の扉を開いた人々の姿、そしてそれが現代に繋がるまでの熱きドラマ
  を描く。  ・・・ 略 ・・・


“琉球と沖縄の歴史と文化” ・・・
一気に読んでしまいたい様な高揚癇があるが・・・ ゆっくり読んでいこう。
目次を見ると、 “伊波普猷”“岩崎卓爾” といった知った名前がある。
他にも知った人物が登場してくるやもしれぬ。
しかし、たった2年間の単身赴任で知り得たものなどは、悠久の歴史の中においては点にも満たないものであろうことは当然ながら、それでもこの本から深い部分を改めて知ることができるならば、それは何とも嬉しいこと。


σ( ̄^ ̄)父親は、自分が生まれ育った田舎の町の郷土史の編纂に携わったり、あれこれと文章を書いている。
σ( ̄^ ̄)は生まれ故郷を離れはしたものの、父親のそんな姿を見てきているせいか郷土の歴史や文化に対して何かロマンを感じる。


260320110701   ・・・ “首里城正殿” 2011年7月1日 16:39撮影 ・・・


沖縄への単身赴任に際して、同じように “歴史と文化” を知りたいと本を読み、その地に足を運んで遥かな時を遡って映像をイメージしたり・・・
“沖縄マイスター” に教えられたりいろんな人に話を聴いたり・・・
“泡盛”“オリオン” 呑みながらそのTOPの人達から話を聴いたり・・・
σ( ̄^ ̄)にとって何とも素晴らしい2年間だった。
触れ合った人達は決して忘れることはない。


この “首里城への坂道” から、初めて知ることがたくさん出てくるだろう。
これまで知り得たことと新たな何かが繋がるようなことがあるかもしれない。
そしてきっと・・・ “沖縄の新たな興味” が湧いてくるだろうと思う。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 16, 2016

“ショートケーキ味の焼そば”

2601


晴れ渡っているのに冷え込んだ一日。
風が凍えるほどに冷たく・・・ 今シーズン一番の寒さだろう。 (((( ̄^ ̄;))))


コンビニで変なものを見つけた。
ん~・・・ “ショートケーキ味の焼そば” って・・・ A( ̄^ ̄;)

ネットで調べてみたら・・・
  ・・・ この味、もはやスイーツ!
     甘ずっぱさがクセになる、新感覚の焼そばが誕生
     「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」
     2016年12月5日(月)全国で新発売 ・・・


熱湯を注いで3分・・・
湯切りして “オイル”“かやく”“マヨネーズ” を混ぜ合わせて・・・
おもむろに “白い麺” を一口・・・


甘い様な塩気・・・ バニラ風味の塩だれオイルとマヨネーズ・・・
ドライフルーツの “いちご” に色砂糖とヨーグルト風味なんぞのトッピング・・・
まぁ・・・ 確かに “ショートケーキ” のような甘い香りがするけれど・・・


何も “焼そば”“ショートケーキ” を一緒にしなくても・・・
いや、一緒にしてはいけないだろう。 /(-ー;)


ま、次回は無し。
確かに・・・ ミスマッチが “美味” となる場合もあろうけれども・・・
が、焼そばはやっぱり “ソース味” が良い。
・・・ ってことで、口直しに “どら焼き” を食して本日の昼食とす。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 11, 2016

“紅葉の押し葉”

2600


今日も快晴。
この金土日・・・ よくぞ晴れ渡ってくれた。V( ̄^ ̄)

そろそろ街中に “山下達郎” の・・・ あの不朽の名曲 “クリスマス・イブ” が流れても良い頃なのだが・・・ ここ数年は少なくなっているように感じる。
発売は “1983年12月14日” だから・・・ もう33年も昔の昭和58年。
σ( ̄^ ̄)ず~~~っと聴き続けている。

あのJR東海の “シンデレラエクスプレス” のCMで大ブレーク・・・
今、 “クリスマス・イブ” を聴きながらこの日記を書いている。V( ̄ー ̄)ニャ


いや・・・ 今夜は “紅葉の押し葉” についての話。
今日、本に挟んで “押し葉” していたものを取り出してみた。

今年は、11月20日(日)に採取してきたもの。
雑誌に挟んで・・・ ベッドのマットの下・・・ ちょうど枕の下へ。 A( ̄^ ̄;)
σ( ̄^ ̄)の “頭” を重しにして・・・ ちょうど3週間・・・

ん~ 写真のとおりなのだが・・・ あまり発色が良くない。
一部が黒ずんでしまったり赤色が褪せてしまったり・・・ /( ̄^ ̄;)

緑がきれいに残っているものや赤い発色が良い感じのものもあるのだが・・・
これは・・・ 散ったのを拾ったものと、木の枝から摘んだものとの差か・・・
散る前に枝から直接摘んだ方がきれいな感じがする。 A( ̄ー ̄)ニャ


去年・・・ 2015年11月21日(土)“押し葉” にしたものもそう。
地味ながら良い感じの発色と黒ずんだものがある。
去年に気づいていれば・・・
まぁ、それも人生。 V( ̄^ ̄;)


さて、これらの “押し葉” をどうするか・・・
完成しただけで満足してしまって、使い道を何も考えてないないのだが・・・
ただ、プラスチックの箱に “乾燥剤” と一緒に保存しているだけ・・・

秋を迎える季節になって人恋しくなる頃に・・・
手紙でも書く機会があったなら・・・ 使ってみようか。
和紙の便箋の隅にでも貼り付けてみたりして・・・
ん~・・・ もっと何か良いアイデアは無いものか。 /( ̄ー ̄;)ニャ


さて、今年も街の中で “クリスマス・イブ” を聴くことができるか・・・
“銀座” よりも “新橋” ・ “汐留” 辺りが良いとは思うが。
それとも・・・ 私鉄沿線などの小さな “商店街” の方が良いか・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 10, 2016

“王選手とσ( ̄^ ̄)の87㎝”

今日も晴れ渡ったけれども強風が吹き荒れて寒い一日。
ま、12月なのだから寒さも当然・・・
しかし、昔に比べて・・・ 間違いなく格段に暖かくなっている。 A( ̄ー ̄)ニャ


2599        ・・・ 読売巨人軍 “王選手” ・・・


元プロ野球読売巨人の打撃コーチとして、王選手に “一本足打法” を指導したことで知られる “荒川博” 氏が12月4日に86歳で死去。
読売新聞12月6日の “編集手帳”“一本足打法” の練習風景記事が。


<一部抜粋>
 ひったり87センチだという。
 「一本足打法」の王貞治さんが、高く上げた右足を踏み出す。
 軸となる左足と、着地した右足の距離である。


σ( ̄^ ̄)・・・ この “87㎝” に目が留まった。
何を隠そうσ( ̄^ ̄)も “87㎝” の数値を持っている。

ん~・・・ 別に世界的記録とかにはまったく関係は無いのだが・・・
σ( ̄^ ̄)の “ズボン” 裾上げの “股下” の長さが “87㎝” 。 V( ̄ー ̄)ニャ
既製の “スーツ”“スラックス” も裾上げギリギリ・・・ といったところ。
Gパンも “87㎝” あれば良いのだが・・・ 残念ながらちょっと短い。 (/。\)


ん~・・・ “ウエスト” は増加しつつあるが股下の “87㎝” は変わらず。
ま、 “87㎝” がふと目についたので・・・
ただそれだけのこと。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 09, 2016

“私をスキーに連れてって”

晴れ渡ったものの強風が吹き荒れた一日。
今日は少し暖かかったものの・・・ 街は早くも歳末の装い。 /( ̄^ ̄;)

街中の高いビルの “窓掃除” ・・・強風で “ゴンドラ” が大きく揺れていた。
地上では監督者らしき人が不安げに見上げながら何やら連絡をとったり・・・
ん~ 強風に揺れるゴンドラ・・・
見ているだけで足がガクガクしてしまう。 (/。\)

σ( ̄^ ̄)・・・ “高所恐怖症”
長野オリンピック・・・ スキーの “白馬村ジャンプ競技場” の一番高い所に上ったのだが、足場が網目になっているため下が見えて怖いの何のって・・・
本当に足がすくんでしばらく歩けなくなってしまった。 /(_ _)\


師走も中旬・・・ そろそろ “スキー” の季節。
で、σ( ̄^ ̄)のこの季節における恒例行事・・・

2595


映画 “私をスキーに連れてって” のDVD鑑賞。 /( ̄ー ̄)ニャ
“ホイチョイ・プロダクション” 原作・ “原田知世” 主演で1987年11月公開
“彼女が水着にきがえたら”“波の数だけ抱きしめて” の三部作のひとつ。


2596


何度観ても良い。
何と言っても主演の “原田知世” ・・・ 可愛かった。 A( ̄ー ̄)ニャ


2597


あの頃の若者にとってはスキーに行くことがお洒落だった。
それに当時はまだ携帯電話が普及していなかったから、 “トランシーバー” を遊びに使うってことが何かとてもお洒落だった。

σ( ̄^ ̄)も苗場や志賀高原・・・ 湯沢や津南などで滑った。
新潟県十日町市の後輩の家に泊めてもらって・・・ あの頃 “青春” していた。


2598


ん~ もう一度ゲレンデを颯爽と滑ってみたいが・・・
きっと無理だろう・・・ この “右膝” では。 /( ̄^ ̄;)

ま、歳を重ねれば・・・ 老いが進めば身体も動かなくなる。
どうにか折り合いをつけて、できることを精一杯楽しむ・・・
気持ちは若いつもりなのだが仕方がない・・・ ん~ それで良い。 A( ̄^ ̄;)


“私をスキーに連れてって” ・・・
この “冬” の間にもう一回くらいは観よう。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 04, 2016

“初心者のギター練習”

2594_2


今日も良い日。
晴れ渡る・・・ という程でもないのだが、風も無く穏やかで暖かな日。 /( ̄^ ̄)


こんな日には、ふらっと何処かへ出かけてみたくもあるのだが・・・
今日は “アコースティックギター” の練習。 V( ̄ー ̄;)ニャ


レッスン曲集の中の1曲・・・
“クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル” (略称 CCR)の・・・
1971年にシングルとして発売されたヒット曲・・・
“雨を見たかい” ・・・ Have You Ever Seen the Rain?

この曲のイントロとメロディラインを編曲して、 “ペンタトニック” でアドリブ演奏するかたちの “TAB譜” を講師の先生がσ( ̄^ ̄)のために作ってくれて・・・
その練習。 A( ̄^ ̄;)

最初はゆっくり・・・ 音とポジショニングしやすい運指を確かめつつ・・
音は決まっているから外さぬように注意しながら・・・
ただ・・・ その音の出し方にいろんな表現方法があって難しい。
  “ハンマリング・オン”
  “プリング・オフ”
  “スライド”
  “チョーキング いろいろ”
    その他いろいろ・・・

約30分間・・・ 繰り返し繰り返し・・・
で、30分程休憩しながらパソコンで原曲を聴いたりして過ごし・・・
そしてまた30分程度、同じ繰り返し繰り返しの練習・・・
で、再び休憩・・・
そんな風に何度も繰り返して、どうにか今日一日で一応は弾けるようになった。


が・・・ まだまが “演奏の域” には達していない。
ここからが本当の練習というか・・・
それらしく聴こえるようになるまでが大変・・・ でも面白い。 A( ̄ー ̄)ニャ

今までできなかったことが、突然 “パッ” とできた時の “感激” はひとしお。
不器用なσ( ̄^ ̄)だが・・・ やはり練習の賜物なのだろう。 V( ̄^ ̄;)


σ( ̄^ ̄)家の玄関先のハナミズキ・・・ 総て枯葉を落としてしまった。
さて・・・ そろそろ “年末年始の計画” を練っておかねば・・・ m(_ _)m

| | Comments (0)

December 03, 2016

“名前”について

2592


今日は・・・ 曇り空ながら風も無く穏やかな日和。
静かに、そして心穏やかに過ごせる “土曜日” は何とも嬉しい。 A( ̄^ ̄;)


今日は、 “読売新聞” 記事の “スクラップ” の整理。
別に “これ” といった難しい拘りは無く、その時々の気分で “気になった記事” を切り抜いて・・・ ただそれだけなのだが・・・
まぁ、 時折この “ブログ”“参考資料” などにしている。 ( ̄ー ̄)ニャ


と・・・ “明治安田生命保険” の記事があった。
今年生まれた赤ちゃんの “名前の人気ランキング” の発表。

同社の保険契約者を対象として平成26年生まれた子供達・・・
“男の子 8,947人”“女の子 8,509人” の名前を集計した結果。

・・・ ここに個別の名前は挙げないが・・・
男の子も女の子も・・・ ま、 “今風” な名前なのだろう。
中には・・・ なぜそう読ませるのかわからない名前があったり・・・
女の子は、アニメのヒロインやタレントの芸名みたいな名前があったり・・・
ん~ そういった名前が “流行” らしい。 A( ̄^ ̄;)

女の子の “第5位” に、 “莉子(りこ)” という “子” の付く名前がランクイン。
これは珍しいことらしい。


で、σ( ̄^ ̄) の “中学校の同級生” の名前をチェックしてみた。
  男の子 44名
  女の子 30名   合計 74名

男の子の名前では・・・ “夫”“一” の付く名前が多い。
  勝夫  貞夫  秀夫  正夫  光夫  康夫  良夫(2)    計 8名
  賢一  幸一  剛一  林一  倫一                 計 5名
今風の “人気ランキング” にはひとつも入っていない。


女の子の名前では、やはり “子” の付く名前が多い。
全体30名のうち “子” が付かない名前は・・・
  絹代  幸恵  純代  ふく  みどり                計 5名


さすがに “くま” とか “とら” といった名前は無いが・・・
反面、今風のキラキラした様な名前も無い。 A( ̄ー ̄)ニャ


ま、σ( ̄^ ̄)の生まれた時期・・・ 世相がそうだったのだろう。
ただ “命名” ・・・ ってのは、それはそれは大切な儀式であり・・・
人の名はすべて “幸多かれ” との願いを込めて付けられたものであろう。
大切にしなければならないものである。 /( ̄^ ̄)


2593


σ( ̄^ ̄)の “俗名” ・・・
これまで大切にしてきたし、まだまだ大事にしていきたい。/( ̄ー ̄)ニャ
ま、人生とは明日をも知れぬものではあるらしいが・・・
もう少しばかり・・・ “この世” にちょいと未練があるものだから。 m(_ _)m

| | Comments (0)

December 02, 2016

“無理せず、無茶せず、程々に”

2591


今日は風も無く暖かで穏やかな一日。
ついに “師走” となってしまった。 /( ̄^ ̄;)


ここにきて・・・ また右膝が不調。
・・・ ってのは、今週、火・水・木と出張・・・
“東京メトロ”“都営地下鉄” も・・・ 地上からホームの間にエレベーターやエスカレーターの設置が無い部分があり・・・ 当然、階段を歩かねばならない。
重いバッグを持って地下鉄の階段を上り下りしたせいか右膝が痛みだした。


右膝を痛めてから感じること・・・
“バリアフリー” が叫ばれ始めて、いろいろな生活空間に広がってきていることは実感するものの、鉄道の駅においては物足りなさを感じる。
ま、改善の費用や物理的な空間の有無・・・ その他にもいろいろ難しい問題があって一朝一夕に解決って訳にはいかぬのだろうが・・・ A( ̄^ ̄;)


ま、それよりも・・・
自分自身の身体なのだから上手く折り合いをつけて・・・
“無理せず、無茶せず、程々に” ってことで・・・ A( ̄ー ̄;)ニャ


ん~・・・ 今日はギターのレッスン日。
このところ・・・ 以前にも増してギターが楽しくなってきている。
“楽しい” と感じることがあることはσ( ̄^ ̄)もまだ “若い” か~? m(_ _)m

| | Comments (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »