« “枇杷記念日” | Main | “台風5号接近” »

June 09, 2018

“鮎釣りの思い出”

2923   ・・・ “鮎” ・・・


朝から暑くて・・・ じっとしていても汗が出てくるほど・・・
“梅雨” といえば・・・ まぁそういうことで “不快指数” 120%! A( ̄へ ̄;)


で、そろそろ “クーラー” の出番ってことで掃除したり・・・
布団や毛布のクリーニングが “30%引き” とかで車で持ち込んだり・・・
“猫” が仏壇の花の葉っぱを食べてしまうもので “猫草” を買ってきたり・・・
陽射しの下を少し歩いただけで・・・ もう全身汗でビショビショ。 A( ̄□ ̄;)


6月上旬いうのにこの暑さ・・・ ちと異常では?
季節のサイクルが微妙にズレてきているようにも感じる。

昔もこの時期・・・ こんなにも暑かったのだろうか・・・
いや、もっと過ごしやすかったような・・・ /( ̄^ ̄;)


6月1日はσ( ̄^ ̄)田舎の川では “鮎釣り解禁日”
きっと今日・・・ 明日は、多くの釣人で賑わっているだろう。
昔々・・・ 解禁日にはもの凄い数の釣り人が川を埋めていたもの。


ん~ σ( ̄^ ̄)がガキの頃には解禁日前から鮎釣りしていた。
あの当時の “漁協” は今よりもおおらかだったのだろう。
朝も早くから秘密のポイントで “毛鉤”“ドブ釣り”
川面を渡ってくる “風” は何とも言えぬほど気持ち良い。

σ( ̄^ ̄)・・・ “おとり鮎” を泳がせた “友釣り” は難しくてあまり得意ではなかったからもっぱら “ドブ釣り”
で、陽が西空に沈みかける川面を虫が飛ぶ “夕まずめ” には、毛鉤を5~6本仕掛けた “毛鉤流し”“鮎”“オイカワ” などを釣っていた。


きれいな水が流れる川の匂いは何とも気持ち良い。
σ( ̄^ ̄)の鼻孔の奥にしっかりと記憶されているはずなのだが・・・ やはり時の経過とともに薄れてしまうようで・・・
ちと寂しい思いが・・・ /( ̄^ ̄;)


“鮎釣り” ・・・ 最後に竿を出したのはいつだろう・・・
もう忘れてしまうほどの時が流れてしまった。
今年の “盆” には田舎を・・・ 懐かしの川を訪ねてみよう。 m(_ _)m

|

« “枇杷記念日” | Main | “台風5号接近” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« “枇杷記念日” | Main | “台風5号接近” »