« “足掻く毎日” | Main | “枇杷が生った” »

June 01, 2018

“カミキリムシ幻影”

6月1日(金)・・・
降雨確率が高い予報だったが朝から晴れ渡ってくれた。


風も無い青空の下で “婆様” の四十九日・・・ 納骨の法要を・・・
が・・・ 読経の途中から急に強い風が吹き始めて・・・


ふと気づくと・・・
一匹の2cmほどの小さな “虫”“美” の腕に飛びついてきた。
σ( ̄^ ̄)最初は何かわからなかったのだが・・・
それからすぐに、祭壇のお供物の “イチジク” に飛び移った姿を見て・・・
ああ “カミキリムシ” だとわかった次第。

で、 更にお供物のサクランボやお菓子の上をあちこち行ったり来たりして・・・
“位牌” の背面に移って・・・ 登って降りてを繰り返していると思ったら・・・
再び・・・ 祭壇から一番離れた位置に居た “美” の腕に飛び移って・・・
あれあれ・・・ という間に風に乗って飛んで行ってしまった。


導師の読経中ながら・・・ σ( ̄^ ̄) しっかりと見ていた。
で、後でそのことを話すと・・・ “由”“美” も一部始終見ていたとのこと。

ひょっとして・・・
“婆様”“カミキリムシ” の姿を借りて・・・
本当に一番可愛がっていた “美” ところに飛んで来たのかも知れぬ。
どうしても・・・ そんな風に思えてならぬ。 A( ̄^ ̄;)


2919_2   ・・・ こんな “カミキリムシ” だった・・・


ん~・・・ まったくの “偶然” なのやも知れぬが・・・
“婆様” の思いが・・・ 残されたσ( ̄^ ̄)達の思いが・・・
そんな・・・ 何とも “不思議” な出来事を見せてくれたのかも知れぬ。
ああ・・・ 合掌・・・ m(_ _)m

|

« “足掻く毎日” | Main | “枇杷が生った” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« “足掻く毎日” | Main | “枇杷が生った” »