« “首里城正殿全焼” | トップページ | “めぐる季節に” »

2019/11/02

“時の流れの寂しさ”

3196


先日、田舎へ行ってきた。
親父の一周忌ってことで実家へ。(*´ー`*)

と、実家のすぐそばにある神社の参道に “幟” が立ってる。
秋のお祭りとのこと。
まずは実家の仏壇で焼香・・・
で、懐かしさのあまりすぐに家を飛び出して神社の石段を上った。


かつて正月には初詣した神社・・・
ン十年も昔にかくれんぼして遊んだ神社・・・
新しくなっていたお社・・・ こんなにも小さかったかとびっくり。


3197


地元の男の子達による “相撲” ・・・
少子化の時代か・・・ 集まった子供たちが何とも少ない。
σ(*´ー`*) も小学生の頃にはこの土俵で相撲を取っていた。 (* ̄▽ ̄)/

あの頃は勝つと “10円” 、負けると “5円” の賞金だった。
今は、勝っても負けても賞金は “100円 ” らしい。
まぁ今どき “10円” じゃぁ何も買えないもの。 A( ̄ー  ̄)

当時は “焼きそば屋” の屋台が出たりしていたけれど・・・
今は出店も無く何とも寂しい σ(*´ー`*) 田舎の “村祭り” ・・・


ん~ “時の流れ” っていうもは・・・
そういう “寂しさ” を感じさせるものなのかも知れぬ.。 m(_ _)m

|

« “首里城正殿全焼” | トップページ | “めぐる季節に” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “首里城正殿全焼” | トップページ | “めぐる季節に” »